<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

『幸せな平凡』

便┃利┃屋┃★┃
━┛━┛━┛━┛

ある方の本を読んで何か自分の脳みそを「ガツ~ン」って
殴られたような衝撃が走った状態なんです。

ある方とは
日本一の便利屋を経営している右近勝吉さんです。

右近さんは、もう70歳近い方ですがとてもユニークな経歴をお持ちで
それが起因しているのか私の心に響く言葉がたくさんありました。

中学高校時代ヤクザの組に入り、新宿の盛り場でけんかに明け暮れ
その後
キリスト教に導かれ、ヤクザから足を洗った経験を持ち
38歳の時に
便利屋「右近サービス社」を始め、
現在日本一の便利屋となっている方です。

便利屋というのは1件500円で、ドブさらい、引越しの手伝い、
孤独な老人や「問題児」たちの話し相手まで、何でもこなす仕事。

でも仕事ぶりが評価され、評判は口コミで広がり
仕事の依頼は海外からもやってくるようになり
創業数年後には
年収3000万円になり、多い時は4000万円を超えているとか。

私は年収に驚いたのではなく、
その心構えと言うか考え方に、恐れ入りました。
まず大切なのは、『自分は凡人だと認めること』だそうです。

自分が凡人であることを認めた瞬間こそが最大のチャンス。
等身大の自分を認められるようになると、
自己幻想の呪縛から開放され、届かないであろう才能や評価を追い求めたり、
「こんなはずじゃない」などと虚勢を張る必要が無くなるのだそうです。

どんな仕事でも心からニッコリ引き受けて、
目の前にある仕事に誠実に向き合う。

これぞ『平凡の極意』だそうです。
まさに無欲無心を極める。

私は平凡であることをどこか蔑み、
非凡な何かを求めなければ高級な人間ではない
という錯覚を抱いてしまっていたような気がします。

もう一度、平凡な自分に気づき
そして平凡な日常を大切に思う
心を持つことが重要なんだと思います。

『幸せな平凡』、
また一つ 心の資産に大切にしたい言葉が増えました。

| スタッフ日記 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://sakimura1932.blog67.fc2.com/tb.php/270-18082443

TRACKBACK

龍が如く3 レビュー

龍が如く3 レビューの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「龍が如く3 レビュー」へ!

| 龍が如く3 レビュー | 2009/09/09 01:53 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。